神戸・芦屋・西宮のカウンセリング・かささぎ心理相談室|臨床心理士
神戸・芦屋・西宮のカウンセリング・かささぎ心理相談室|臨床心理士

神戸近くの臨床心理士によるカウンセリング-人生の午後三時

神戸市近郊で臨床心理士によるカウンセリングをお探しの方へ

かささぎ心理相談室は、複数の臨床心理士によって共同経営されているカウンセリングルームです。

JR芦屋駅から徒歩数分ですので、東灘区や三宮方面からもアクセスしやすいところです。

カウンセラーはいずれも、大学院で専門的に学び、医療(精神科や心療内科など)や教育(小学校、中学校、高校、大学)、福祉といった幅広いフィールドで10年~20年の臨床経験を積んできました。

かささぎ心理相談室のカウンセラーは、ユング心理学の人間観をベースにもっています。悩みや問題、症状はただ取り除けばいいというものではなく、そこには肯定的な変化や成長の可能性が含まれているといった観点です。

人は、誰でもその人らしく生きていきたい、自己実現したいという望みをもっています。

でも「現実に適応する」ために、自分の気持ちを呑みこんだり、回りの期待や要求に応えなくては生きていけない、ということも確かに多いのです。

「外向きの適応」ばかりをがんばってしまうと、心がだんだん干上がってきてしまいます。

心の奥深くを流れる水脈との通路が埋まってしまうのです。

人生の悩みや苦しみ-人生の午後三時

心が干上がってしまうと、外からは「うまくやってるじゃないか」「なんの問題もない」と見えても、「生きづらい」「息苦しい」「私らしく生きることができていない」と感じます。

外的適応はよくても、内面では強い抑うつ感情や虚しさ、「生きる意味が分からない」といった苦しみを体験している人は多いのです。「自分に自信がない」と感じ、自己肯定感や自己評価も定まりません。

なんとなく「意欲が出ない」、「やる気がない」と感じる人もいます。

ユングの著作に『人生の午後三時』という本があります(今は、『無意識の心理』というタイトルで人文書院から復刻出版されています)。

人生の長さを「一日」と喩えると、「午後三時」は中年期になります。一日がんばって働いてきて、ちょっと一息ついて三時のお茶でも飲もうかといったあたりですね。

朝(若いころ)はがむしゃらに勉強したり、働いて日々を過ごします。お昼ごろになると、仕事が充実してくる人もいれば、家庭をもって子育てに没頭する人もいるでしょう。

こうしたときは、いわば「自分をつくる」「自分を築く」時期だと言えます。心理学的に言えば「自我やアイデンティティを形成する」時期です。仕事も家庭もそれなりに形になって、これから先のこともなんとなく見通せるようになります。

「まあ世間的に見れば、それなりに幸せな人生と言えるんじゃないか」と考えることだってできるかもしれません。

ところが午後三時をまわって、ふと「私の人生、これでいいんだろうか」と思うこともあるのです。なんとなく憂うつな気分が続いたり、むなしいと感じることもあります。

あるいは、事故に遭う、家族や自分が病気になる、突然失業する、離婚や浮気、不倫などの夫婦関係の危機、子どもが不登校になる、そういった思いがけない出来事で、人生を立ち止まらざるを得ないこともあるでしょう。

うつ病やパニック障害といたメンタルヘルスの問題が、実はその人の人生の意味や生き方と関わっていたとカウンセリングでわかってくることも意外と多いのです。

昔から言われている「厄年」というのは、たいてい30代~40代だと考えられることが多いのですが、ただ外から災いがふってくると捉えるよりは、「人生の後半をどのように生きるのか」と考えなおす時期と見た方がいいのではないでしょうか?

人生前半の課題は、「目指す大学に入る」「なりたい職業につく」「仕事で○○を達成する」といったように、目標が比較的はっきりしていることが多いでしょう。

ところが、人生後半、午後三時からの課題には「正解」というものはありません。

「どう生きるのが自分らしいのか」「私にとってのほんとうの幸せとは何か」といった問いには、できあいの答えや借り物の回答ではしっくりこないでしょう。

こうした問いの答えを探すためには、一人一人が自分の内面を見つめて掘り下げて、もう一度、地下深くの水脈につながらなくてはならないのです。

「ほんとうにここから水がでるのだろうか」と不安を抱えながら、一人で孤独に井戸を掘る作業に似ているかもしれません。

あるいはカウンセラーとともにこうした心の作業にとりくむこともできます。

カウンセラーは、ときにはあなたといっしょに井戸の底に降りて穴を掘る手伝いをします。またときには、穴の上でしっかりと命綱を握って見守るような役割を担います。

 

神戸・芦屋・西宮のカウンセリングルーム☆かささぎ心理相談室のカウンセリングに関心をもってくださった方は、「カウンセリングについて」をお読みください。

ご相談やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

お待ちしています。


Scroll Up